ニュース内容

現地時間21日のイギリスBBC報道によれば、ネパールのカトマンズから西へ440kmのアチャム地区・ガジャラ村の小屋で15歳少女が亡くなった状態で発見された。

少女の名はロシャニ。事の発覚は去る17日、父親の申告により警察が出動した。
警察はロシャニが寒さをしのぐために小屋の中で火をつけ、窒息死に至ったのだろうと見ている。

ロシャニは生理中であり、それが”不浄”だという理由で村から出され小屋で過ごしていたことが明らかになった。
これはヒンドゥー教の長く伝わる慣習のひとつである”チャウパディ”のためである。
チャウパディは年齢に関係なく、生理中の女性を否定し家族から隔離する空間のことを言う。

これは月経血や出産の出血が災難と不運を追い立てると信じる、ヒンドゥー教の悪習に関連している。
この期間中には普段と同じ食事をすることもできず、チャウパディを離れて人を接触することも禁止される。

家畜の排せつ物のそばで寝るなど、非衛生的な環境のために病気にかかったり、蛇やジャッカルなどの動物の攻撃を受けて亡くなる場合もあるという。

海外の反応

・少なくともイスラム教は狂っているだけじゃない。ヒンドゥー教は公平なルールも持っているみたいだが。

・どんな宗教にも馬鹿げたことは必須条件だな

・世界で一番恐ろしいことは人が無知ということだ

・自分がどうやって生まれてここにいるのかわからない人間は、、、人間じゃなく動物だね

・狂ってる。生理がなければ子供も産めないのに、生理が不潔だっていうの?

・あきれた!

・人の上に人はおらず、人の下に人はいない。人はすべて大事な存在だ、、、いくつかの狂ったやつを除いて。

・妊婦はどうなるの?こんな悪習なんて、、、

・どうしてこうなのか、もどかしい

・インド、ネパール、パキスタン、バングラデシュ、この4か国は残念だが対策がない

・うわぁ、、、女性が本当に大変で苦しい時に隔離して孤立させるなんて、、、人間が誰のおかげで生まれてきたと思ってるの?

・ヒンドゥー教、、、自分たちはどうやって生まれてきたんだ?空から降ってきたっていうのか

・産まれてくる子供はかわいいのに、生理は汚いって?

・ヒンドゥー教の悪習だね。こういうものは早くなくなるように祈るよ

・結局人種ってのは宗教のせいで絶滅するんだよ

・人間のために宗教があるんだろうけど、宗教のために抑圧を受けて死んでいくんだね、、、

・人間はみんなひとつの存在なのに、女性が不浄だったら世界中の母親は全員不浄な存在だっていうのか。自分の母、妻、娘のために悪習に抵抗する素晴らしい男性が現れることを祈ります。

・あきれて言葉が出ない

・世界で一番怖いのは無知じゃなくて宗教だ、宗教

・まだこんなことを信じているなんて、教育が切実に必要だ、、、

・それじゃあ女性の体、母の体から生まれたあなたたちは一体なんなんだ

引用:http://www.independent.co.uk/news/world/asia/teenage-girl-roshani-tiruwa-period-menstruating-banish-shed-nepal-a7486496.html
    http://www.bbc.com/news/world-asia-38384889
    http://v.media.daum.net/v/20161222103712884?f=m

小屋の中で一人で過ごさなきゃいけないなんて辛すぎるわ。
長く続けてきた慣習はすぐに廃止にはできないかもしれないけれど、これによって少し問題視されるといいわね、、、
亡くなられた少女へ祈りを捧げます。
この記事が面白ければ
シェアをお願いします!
【海外の反応】ロコロコニュース

コメントを残す



79コメント

  • まぁ、昔の日本にもありましたけどね。

    Reply
  • 昔は生理の事を“月の穢れ”って言ってたし、今も“汚物入れ”って言うしね…

    Reply
  • 男は血を見慣れないから怖いんです。
    それだけ。

    Reply
  • こんなことしたら、女性全滅しちゃうじゃんか。

    Reply
  • ↑俺は痔でいつも出血してるけど?

    Reply
  • やはり宗教はクソだね。

    Reply
  • こういうの見ると教化しなきゃ(使命感)って人が現われるのもむべなるかな…と思わざるをえない

    Reply
  • やっぱ宗教ってクソだわ

    Reply
  • 男が作った決まりだよね~、さすが糞だけあるわ。そんなことしても何の意味もないのにねぇ。

    Reply
  • 血を穢れとするのは普遍的なものだよ
    日本でも本来は神社に立ち入れないでしょ

    Reply
  • あのなあ…この風習、女性差別どころか合理的な側面も認められる、
    割と普遍的な古くからの民俗学の研究のタネなんだぞ?
    しかも、宗教、宗教と言ってる上に、「悪習」と断定してるわ、
    コメ欄なんかじゃ「男が作った決まり」とかいうフェミ臭コメまで湧いてるわ。

    お前ら歴史とか民俗学とか宗教の知識は皆無か?
    しかも自国のことも含めて。
    もっと言うなら、この風習な、
    過去の日本にもあった、じゃなくて、一部地域じゃあ現役の風習ですよ。

    隔離、とかじゃなくて、女性にしかわからないことだし、
    世話も女性しかできないからこそ「女性小屋」に身を移したの。
    で、隣近所のコミュニティの女性同士で世話したり、話し相手になったりしたの。

    さらに重要なこととして、この習慣と同じ意味合いのものが「産屋」なの。
    産屋にも「悪習」とか、宗教ガーとか、男ガーとかイチャモンつけるのか?
    違うだろ?

    だいたい寒くて火を起こしてって、完全に事故じゃねえか。
    そこに例の欧米的価値観で、
    「(彼ら基準の)「子供」を1人にするのは虐待」
    もたいなことを言いだしてるだけじゃないのかと。

    Reply
  • それでもマリアは処女だよ

    Reply
  • 男が決めたことには変わりないけどな

    Reply
  • ほう、起源もわからない、歴史上のものも含めれば、
    中東~アジア・一部欧州および北アフリカという広域に見られるこの風習を、
    どういう根拠で「男が決めた」と断定できるのか、
    学術的にリアルに教えてもらいたいんだが。

    この不幸な事故の親子の場合父親がそうさせた、とか逃げるのは無しな。
    何せこの記事では「ネパールの悪習」とかいう、
    あからさまな他国文化の否定を為されてるわけだからな。

    Reply
  • ※5
    おまえは出血多量でタヒね

    Reply
  • 生理が不浄なら、その胎盤から生まれてきた人間はどうなんだ?って言ってやりたい

    Reply
  • うちの郷里の神社にも女人禁制の神殿があるなあ
    けど神楽の時は生理の来てない7人の女児に巫女の格好させて舞を奉納させる
    巫女は神殿にあがるまで地面を歩いちゃいけないんで大人の男が抱き上げてはこぶんだが考えてみりゃ神事ってのはどこも古臭いしきたりがあるな
    昔は地毛で長髪の7歳の少女が選ばれてたけど最近は子供少なくて無理っぽい

    Reply
  • >やはり宗教はクソだね。
    >やはり宗教はクソだわ。
     やはり宗教はクソ!!。

    Reply
  • ※11
    元々の経緯がどうあれ現代の常識で考えれば害悪と言わざるを得ないのだから
    しょうがない、明らかに看過出来ない弊害の方が大きいのだから
    第一風習なんて続いていくうちに元の意義が忘れられ単なる悪習になるなんて事もままあるもんだ、現代人の視点で問題を指摘する事も必要になるだろう。

    Reply
  • 無知なのは仕方ない、子供なんだから。酸欠で死ぬなんて思ってもみなかったんだろ

    Reply
  • はいはい。
    「常識」とか言い出してる時点で終了。
    常識なんざ、所詮は個々の主観の集合体。
    しかも議論の最中に持ち出される「常識」なんざ、所詮は個人的主観に過ぎん。

    そんなもんを根拠に、現役の風習を害悪呼ばわりかよ、
    ってな話だわな。

    人間、自分が「常識的」とか思うと、
    そしてそこに無知が加わり、
    さらに歴史や他国文化への尊重という精神が欠けると、
    平気で「害悪」とか言い出せるんだな。
    しかも「看過できない」とさ。

    そうやって、他国の文化を正義ヅラで根絶やしにしてきた世界の歴史に、
    少しは学びやがれ。

    Reply
  • ※11
    お前真性のバカだな
    国際社会がこうやって非難しなければその国では伝統だからという事で辞めないんだよ
    お前バングラディッシュの児童婚も知らないだろ?明らかに未成熟な12歳の少女に子供を
    作らせることで人口爆発の原因になっているのにバングラディッシュ人は「それは我が国の
    伝統だ」という事で人権無視。日本が体罰を加える時に「それは風習だ」と言い訳するのか?
    しないだろ。そういうところが理解できないからお前は頭悪いんだよ。

    Reply
  • >蛇やジャッカルなどの動物の攻撃を受けて亡くなる
    ふぁああ

    Reply
  • ※12
    ならお前はそれをやってこいよ
    外国の風習にいちいち気にかけるのもアレだけど
    お前みたいに風習を美化するのもアホだわ

    Reply
  • 非常に残酷なんだけど、価値観は地域や宗教、人種で異なるのは当たり前。
    だから国という概念が必要なんだ。
    グローバリズムは、その価値観を無理やり戦わせてしまう。
    なぜなら双方、自分たちこそ絶対に正しい訳だから。
    差別の本質は持てる者と持たざる者の関係ではなく、価値観の対立。

    Reply
  • ※21
    どーせてめえは自分の親がそれやっていたら目くじら立てて批判するキチガイ

    Reply
  • バングラデシュの児童婚とやらとこの件を、
    意味不明に一緒くたにされた上で、
    勝手に「知らないだろ?」などと仰られ、
    その上無駄に解説を書かれて、
    さらにバカだの頭悪いだのと、

    よくもまあそのような支離滅裂極まりないものを書けますね、としか。

    Reply
  • 他国の風習に口出しする気はない

    ネパール国民が考える問題

    Reply
  • だいたい、無根拠に自分を「常識」だの「国際社会」だのの側に置いた上で、
    他国の文化を「害悪」だの「悪習」だのと断じる危険性にすら思い至らんとはな。
    正義ヅラって怖いわ~。

    Reply
  • ※29
    じゃあこの風習の現代における合理性ってなんだ?
    それはそれによって伴う命のリスクを差し引いても行うほどに利益のあるものなのか?

    Reply
  • 現代的な価値観に照らし合わせるから「ん?」って思う風習もあるけど、すべてが悪いとは思わない。
    たとえば何処かの部族は出産すると小さな小屋に母子2人っきりにされて、世話をする人は入口から食料等を届けるだけで中に入ってはいけないというものがある。これはある意味で羨ましい風習だと思ったよ。産後の疲れた体で赤ちゃんの世話で精一杯の母親にとって、親戚の襲来ほどうっとおしいものはない。ガルガル期で我が子に近寄るもの全て敵位に気が立っているいわば最も野生に近い時期に他者から隔離し、自分の食事や着替えだけ外部に頼んであとは赤ちゃんにだけ集中出来るのは母親の心に寄り添ったものだと思った。
    この記事の件も、家事等から解放されて月経中の女性を休ませる配慮という側面もあると思う。もう少し清潔な環境で事故を防ぐ知識があれば、良い生理休暇だと思うけどね。

    Reply
  • 外から悪習と言ったってなあ
    その人たちにとって正しいわけで

    Reply
  • ※32
    まあサウジアラビアの人権侵害やインドの名誉殺人もそうですね

    Reply
  • 11に書いた「この風習の側面」を熟読しましょう。
    わからなかったら3回は読みましょう。
    それでもわからなかったら声に出してみましょう。

    それと、「命のリスク」なるものは、
    「(たとえ幼くとも)女性を敷地内(あるいは村落共同体内)の別棟に一時的に移させる」
    という行為そのものによってそれほど危険になるとも思えないわけだが。

    実際、この件は不幸な事とはいえ、
    暖房に用いた火の不始末が明らかな主因なのであって、
    女性がとか宗教がとかネパールがとか少女がとかは全てサブ。

    違いますかね?

    Reply
  • なに言ってんのか全然わからん
    ネパールは男女平等ランキングで日本より上なんだが
    日本よりもよっぽど女性に優しい国だろ?
    外人どもは日本が女性差別する国だってさんざん叩いてくれたよな?
    ネパールは日本よりも女性に優しい国。ランキングはそう物語っていますwwwwww

    Reply
  • 自分が考える価値観こそが正義でそれを他人に押し付けるリベラルは死滅しろ

    Reply
  • 34 お前もニュース記事一度確認してみろw 蛇やジャッカルってことは野外か洞窟に収容してる可能性が高い、各地域で穢の重要度が変化しているのは明らかだろ。
    明らかに村外の小屋か洞窟や野外、確かにコメ欄のコメントは的はずれな事を語ってるけどお前も的を外してる。

    Reply
  • ネパールとインドはブッダが育まれた土地なのになんで仏教が流行らなかったんだろ…

    Reply
  • ※20
    「無知」ってのは死んだ子供にじゃなくて、
    生理や妊娠に関しての無知から生まれた風習だろって意味のように読めるけどな。

    Reply
  • こんな馬鹿げた事がまだ行われてる地域があるなんてショック。一刻も早く禁止しろ。

    Reply
  • ※7その誰かが宗教家なら宗教対立、帝国主義者なら植民地化、共産主義者なら暴力革命。
    ※11国際社会から非難されてもサウジアラビアの女性人権侵害は変わってないし、キルギスの誘拐婚はソ連が強権で禁止しても崩壊後に復活したね。
    ブラジルの教育思想家でユネスコで功績を挙げたパウロ・フレイレは「強者は弱者を救えない」という言葉を残してる。抑圧されてる弱者本人達自身が変えていこうとしならなければ意味がなく、教育は確かに大事だけど、ただ相手を無知として教化しようって方法じゃ何も変えられない。

    Reply
  • 確かに自分の価値観を押し付けるリベラルには辟易するが
    かといってこの風習が良い風習とは到底思えないな
    それに世界には「名誉殺人」や「女性器切除」など、明らかに容認できない風習がある

    Reply
  • おそらく昔は出血したら居住空間が不潔になる上に家族が伝染病に掛かる確率を減らすみたいな理由で隔離して、翌日に家畜の糞と一緒に生理で出たものを処理出来るように敢えて家畜小屋なんかに隔離するんじゃないかと思われ。
    そしてそれを前提にすれば、現代になって衛生環境を整えられるようになったのなら貧困地区を除いてこの習慣は早く無くなるべき。

    Reply
  • 難しいことはわからないがヒンドゥー教徒の男性は愛する女性を守る為に知恵も絞らなければ命もかけられないクズしかいないということだけは理解した

    Reply
  • インドがイマイチ跳ねないのはヒンドゥーと根強く残るカーストのせいだと言われてるが、間違いないと思う

    Reply
  • 土人もそろそろ宗教離れしなきゃ

    Reply
  • 他国の風習なんだから口はさむなと得意げなオスは、月に一週間くらい非衛生的な家畜の排せつ物のそばで寝かせて、病気になっても蛇やジャッカルなんかの動物の攻撃を受けてタヒんでもしょうがないね、だって穢れた男に生まれたんだから隔離されて当然、理不尽な苦しみに耐えてねwって言ってやればいいよ。
    それにしてもネパールに女性で生まれるのと北欧に女性で生まれるのとじゃチャンスの上でも雲泥の差だよな。国際機関による正しい性教育・衛生教育などの啓蒙活動が喫緊の課題だね。

    Reply
  • 自分たちが信じてるんならその身内だけでやってればいい。日本に持ち込まなければ別にいいよ、イスラムみたいに相手の宗教を変えてやる!のと違うなら勝手にやってろってことだ。

    Reply
  • 本人たちも悪習と認めて違法にしてるものを
    価値観トハーとか正義トハーと顔真っ赤でレスしまくってる奴は、ネット辞めた方がいい
    特に日本の忌み小屋と同じみたいな物言いはおかしいでしょ
    発生理由は同じかもしれないが、それまでの土着宗教は血を汚れとはみてなかった
    それは現在に残るタヤをみても、江戸時代の忌み小屋をみても
    日本の集落には女性崇拝が形を変えて残っているのだと気づくはず
    後こういう米欄で何回もレスをするな
    一回でまとめて意見を書け、議論がしたいなら掲示板へ行きなさい

    Reply
  • 習慣を守りたいならもっと衛生的で安全な忌み小屋作れば良いのに
    日本にもあったけど何にも仕事しないで過ごせるから気楽な一面があったと聞く
    これは根本的に追い出しただけでアフターケアが無かったからでしょ
    日本との違いはそこじゃないの?
    そらはそのまま女性の立場の弱さの表れだよね

    Reply
  • 科学的な理由ってあるからね

    Reply
  • ※49、50
    それこそ何情報だよ
    ※49女性崇拝=女性差別がなかったではない
    女性崇拝=男の都合のいい女像だ
    議論がしたいなら掲示板へ行きなさいとか()()()

    つか※50の根本的に追い出しただけって何?
    ならその根本的な部分に問題あるだろう。
    しかもそれ本気の提案なのか?

    ※51科学的な理由()とやらで女の主体性無視するやつ

    Reply
  • ※11
    それが高級旅館の離れ部屋とかリゾートコテージみたいなら誰も文句言わないっての
    暖房もない不潔な小屋に隔離するとか、伝統の名を借りた単なる嗜虐趣味だろ
    自分の姉妹や娘が同じ仕打ちされて、お前は伝統だからって喜んで従うの?

    Reply
  • 「悪習」って、余計なお世話だよ。
    日本に捕鯨や死刑制度は野蛮だの、皇室典範を変えろだの、日本の内側の事情を何も知らないで外からあーだこーだ好き勝手言って自分たちの価値観押し付けてくる西洋国家の連中と変わらん傲慢さだな。
    現代の日本でこんな事件が起きたら大いに非難していいと思うけど、日本で起きた事件じゃない。
    犠牲になった少女は気の毒だと思うが、だからといってその側面だけ見て「悪習」って全否定するのもどうかと思うな。
    その習慣がなぜ今もその地では続いてるのかとか、きっと宗教のせいだけじゃないだろ?
    俺らは何もそのへんの事情を知らないんだから、よその国のことはその国で暮らす人々に任せればいい。変わる必要性があるものは次第に変わっていくさ、日本だって昔はそうだったんだから。

    Reply
  • つまり裕福なら月経中の女性が別のところで過ごすのに不自由はないが
    その習慣を貧しい人がやろうとすると「離れ」とか「産屋」とかがないから
    家畜小屋とかろくな暖房設備もない小屋に行くしかなくて、
    そこでたき火してたら中毒でしんじゃったというわけか。
    そうすると、問題の解決策はすべての家庭が裕福になるか
    狭い小屋でたき火すると一酸化炭素中毒になりますよという知識を授けるか
    の二択だわなあ。そうすりゃ宗教や習慣に文句言われんでも済むわけで。
    まあ女性のほうも生理の時は静かな部屋で家族と離れてじっとしてたいだろうし
    事実をどういう切り口で解釈するかによってずいぶん見方も違うわけだ。

    Reply
  • 法律で禁止しても残ってるということは住民の意識に刻まれた因習と思われる。現地の男の非情さを責める※あるけどそれも酷な話では。
    清末の中国での記録には子供が流行り病にかかって虫の息になったら、犬の悪霊のせいだから親は子供を路上に放置して犬にくわせなければならないそうしないと魂が迷うという民族宗教での掟があった。当然どんな親だって愛する子にそんなことをするのは辛すぎて心を壊してしまう人も多かったとか。
    外から出来る支援を考えると、因習そのものをいきなり壊すのではなく清潔で安全なシェルターを作って維持の方法を教えて、次の世代への近代教育支援で段階的に因習の縛りをほどくしかないと思うね

    Reply
  • 「男ガー」で頭が満たされてるフェミと、
    この件と、この風習に於ける他の不幸な事例とを一緒くたにして全否定する奴と、
    事実関係を勝手に断定(村外とか洞窟とか)して風習を全否定する奴と、
    極端な事例(ジャッカル、蛇、家畜の糞)を全体に当てはめて全否定する奴と、
    完全に無関係な名誉殺人やらバングラデシュやらの事例を持ち出してる支離滅裂クンと、
    意味不明に「暖房も無い不潔(家畜の糞云々はこの件とは無関係)な小屋=嗜虐趣味」という図式に押し込める奴とか、
    日本では「過去のもの」と思ってる無知とが、
     
    「自分は先進的で、正しい判断ができ、この風習は過去の遺物でしかなく、
    故に廃れるべき」
     
    などと他国の風習を否定しまくる愚かさ、危険さよ。
     
    あと、過去の事例から「命にリスクがある」風習だという理由で廃れるべきならば、
    だんじり祭りも御柱祭りも、スペインの牛追い祭りも今すぐ廃絶だな。
    各種スポーツ辺りも命のリスクを理由に今すぐやめるかね?
    困ったもんだ。
     
    だいたい「風習」だからという理由で全行程なぞしとらん俺を、
    勝手に「持ち上げてる」扱いしてる奴まで居るが、
     
    ・ほとんどの伝統や風習には合理的側面がある
    ・それが受け継がれている事実と、受け継がれてきた歴史を、特に他国民は尊重せよ
    ・そしてこの手の風習は思いのほか世界的に分布しており、日本でも一部現役である
    ・そもそも記事1つごときで風習の是非という巨大なテーマを判断してんじゃねえ
    ・この不幸な事例の死因は「火による酸欠死」であって、ジャッカルでも蛇でもなければ、小屋に移ったことそのものでもない
     
    以上だが、どこが「この風習を持ち上げてる」んだろうか?

    Reply
  • >>57
    まるっと同意
    つか慣習は自国の奴らが自分たちで消化すればいいよ
    国ごとに文化、善悪は変わるんだからな
    こういうのを叩くのは身内に迷惑かけられたときだけで充分や

    Reply
  • この風習に肯定的なやつは自分の娘が同じ目にあっても良いって考えなんでしょうね。伝統だから汚いから当たり前でしょってこと。

    Reply
  • またフェミかよ。
    さんざんケガレその他伝統的な、あるいは宗教的なものを名目とした風習でも、
    中身は「生理休暇」だったり、「産前・産後休養」だったり、
    あるいは(昔の家父長制が強かった時代は尚更)実質的な
    「男子禁制の安らぎの空間」だったりといった、民俗学的歴史的側面には、
    複数の人から指摘されてもまったく耳を貸さないんだな。
    それと、「ケガレ」というのは汚れと必ずしも同一ではない、
    などと言っても、理解する気が無ければ届かないんだろうなあ。

    Reply
  • すげぇな基地外の長文
    誰も賛同しないのにw

    Reply
  • >11
    昔の日本にもあろうが今も一部の地域で現役だろうが、現代において理に適わない風習は悪習であり止めるべきなんだよ。

    「昔は日本にもあった・今も他の国では現役」なんて理屈で正当化するなら、レイシズムも奴隷も人身売買も虐殺も洗脳も戦争も全て正しいと認めるのか?

    正否なんて関係無しにただ何かに反論して自分の憂さを晴らしたいだけなんだろ。
    おめでたいヤツだね、君は。

    Reply
  • 自分の娘がーって笑える妄想やな
    これ日本の話じゃないし、日本だと監禁罪あたりなり児童虐待で発覚したら捕まる案件やで
    だから日本で住んでるお父さんお母さんに娘さんは心配だけ無駄よ?

    Reply
  • >>57
    駄文・長文・オナ文 満載で疲れ

    だんじり祭りと比較する時点で脳内ゼロだな
    お薬飲んで病院いけよ

    Reply
  • 脳内ゼロってなんだろうか?w

    Reply
  • 最近話題の死刑廃止の構図と一緒で、EU人権擁護派から見たら死刑存置も理に適わない風習だけど日本国民の少なくない人間が支持してる。自分の子供が死刑判決をうけても外野がその正否を勝手に決めて無知であると

    Reply
  • 途中送信失礼。
    最近話題の死刑廃止の構図と一緒で、EU人権擁護派から見たら死刑存置も理に適わない風習だけど日本国民の少なくない人間が支持してる。自分の子供が死刑判決を受けても贖罪ならばしょうがないと受け入れてる。そこに住む人間が決めるべきことであって外野がその正否を勝手に決めて無知であると見下すのはおこがましいと思うね。

    Reply
  • 男全滅しろ。ころしたい

    Reply
  • ヘイトスピーチ頂きました

    Reply
  • ※11、34
    女自体を無視してるものに「合理的な側面」もクソもあるか。
    そもそも宗教や民俗的風習なんて女性差別内包してるわ。
    当の女がどうされようと「風習」って事になってる事にそもそも女への差別が滲んでんだよ。「風習」であればやむなしとしているその思考がだよ。
    風習でそうなってる事を是とするならば、欧米的価値観とやらの方が女は救われるわ。
    そもそも記事に「ロシャニは生理中であり、それが”不浄”だという理由で村から出され小屋で過ごしていたことが明らかになった。
    これはヒンドゥー教の長く伝わる慣習のひとつである”チャウパディ”のためである。
    チャウパディは年齢に関係なく、生理中の女性を否定し家族から隔離する空間のことを言う。

    これは月経血や出産の出血が災難と不運を追い立てると信じる、ヒンドゥー教の悪習に関連している。
    この期間中には普段と同じ食事をすることもできず、チャウパディを離れて人を接触することも禁止される。」って完全に不浄な者として「否定」して「隔離」されてる。

    ※21、29
    「常識」と言うから悪いのではなく、「常識」と言う言葉に何の意味を持たせてるかは見極めないといけないんだよ。
    それがどんな内容のものであれ風習であれば尊重すべきもので、他国の文化に口を挟まない事が尊重してる事とか思えるの十分正義面だ。そんなもの尊重の精神でもなんでもない。思考停止。

    ※31
    「この記事の件も、家事等から解放されて月経中の女性を休ませる配慮という側面もあると思う。もう少し清潔な環境で事故を防ぐ知識があれば、良い生理休暇だと思うけどね。」どの辺に女性を休ませる配慮という側面があるんだよ
    風習や慣習ってのはちょっとやそっとで変わるものではない難しさがあるのは重々承知だが、日本にもかつてあった風習で「悪習」として廃れていったものは少しずつ近代化していくなかで価値観と照らし合わせて、声を上げて訴えたり変えていったりして、それらを乗り越えて改善してきたものなんだよ。風習によって殺されうる事があるものだ。文化への尊重なんかじゃなく「救わない」事を表明してる事にしかならないよ。

    Reply
  • ※57
    「命にリスクがある」風習だという理由で廃れるべきならば、
    だんじり祭りも御柱祭りも、スペインの牛追い祭りも今すぐ廃絶だな。
    各種スポーツ辺りも命のリスクを理由に今すぐやめるかね?
    困ったもんだ。
    ↑例えに引っ張り出して来る事例としておかしいだろ
    不当に扱われてる(本人の意思とは無関係に排除されるような立場に立たされてる)ものだよ。そこに違いがあるだろうが
    箇条書きしてるヤツほとんど風習を持ち上げてるじゃねぇかw無自覚か?
    ・ほとんどの伝統や風習には合理的側面がある←誰にとって合理的なんだ?それを強いてる側の事でしかない。
    ・それが受け継がれている事実と、受け継がれてきた歴史を、特に他国民は尊重せよ←強いてる側はそれだけ権力がデカイんだよ。受け継がれてしまってる事実と歴史。「尊重」すると言う事にしておけば、本心では無関心でいながら面子は守れる
    ・そしてこの手の風習は思いのほか世界的に分布しており、日本でも一部現役である←世界中ほとんど男側が優位に居るからだよクソが。現役でクソなままじゃねぇか
    ・この不幸な事例の死因は「火による酸欠死」であって、ジャッカルでも蛇でもなければ、小屋に移ったことそのものでもない←なんで死因の方にフォーカスしてんだよ。この件の死因は事故であれ別の問題が出てきたんだろうが
    ※60
    現代ですら生理休暇に散々叩く連中が居るってのに、こういう時だけ「女性の為の配慮」をしてきたみたいに言うんだ?「昔の家父長制が強かった時代は尚更」とか()家父長制が女に対してそんなもん提供してきた事なんて尚更ないわw家父長制と女性への配慮なんて相性最悪やったやんけ(現在進行形で)w

    「民俗学的、歴史的な側面」の持ち出しどころがそもそも意味不明。
    昔だってこんな役割もあっただの先進国の価値観の押し付けだのと、問題をぼかしてるだけじゃねーか。風習=守られるべきものなんかじゃねーわ

    ところどころ日本の死刑制度の事持ち出してる奴いるが、ただ単に死刑制度廃止せよと言ってるだけに見えてるのかもしれないが、どう批判されてるかまでよく気付いてないだろう。

    Reply
  • ※71
    人道擁護に熱心なのは大いに結構だが。
    私は「日本の死刑制度の事持ち出してる奴」なのだが、他への反論の舌鋒が鋭い割に日本に対する死刑廃止の外圧とこの件との類似について随分あいまいというか否定できないよう。
    >どう批判されてるかまでよく気付いてないだろう。
    功利主義論的立場からなら犯罪抑止が認められていない、法哲学なら個人の自然権行使としての暴力が認められないなら国家が復讐代行することも否定される、他に冤罪のリスク諸々あるけど、端的に批判をまとめればEU大使の言ってるとおり「死刑=守られるべき人権を踏みにじる残忍かつ非合理(前近代的)な行い」だよ。
    そういった外圧に対して日本は世論=国民感情による支持を存置理由にあげていて、実際日本人の8割近くが支持している。因果応報など日本人の伝統的正義観が欧米の掲げる近代的道徳的価値観と衝突している例なのだから、よりふさわしい例示だろう。

    Reply
  • ※72の続き
    私は※57や※60でないし、彼/彼女の主張に完全には賛同しないが、「悪習は直接的には当事者しか解決できないことで外圧はノイズにしかならない」という立場で同じだと思われるので貴方の反論のいくつかについて再反論する。
    >風習でそうなってる事を是とするならば、欧米的価値観とやらの方が女は救われるわ。
    そうやって伝統的価値観を「洗浄」し植民地支配を正当化してきたのが私たちを含めて列強。
    この歴史の反省なく無邪気に「悪習」を以て他民族、他宗教を見下し「教化」を叫ぶ人の多いこと。貴方はそうではないことを願うし、そうでないならそういった物言いは改めるべきだ。ちなみにイギリスはインドのサティを禁止したことを誇るものがいるようだが、真にサティを封じ込めることができたのはインド民族運動。
    >「この記事の件も、家事等から解放されて月経中の女性を休ませる配慮という側面もあると思う。もう少し清潔な環境で事故を防ぐ知識があれば、良い生理休暇だと思うけどね。」どの辺に女性を休ませる配慮という側面があるんだよ
    ttp://www.u-bunkyo.ac.jp/center/library/image/fsell2010_105-126.pdf
    上記の資料にはチャウパディを家事から解放される生理休暇として懐かしむ女性が記述されているとおり、女性も主体性を持ってこの風習の維持を担っている。また、チャウパディは富裕層の多い都会でも行われているが問題視の程度は少なく、チャウパディ慣習根絶令が念頭に置くのはこの事件でのような不衛生で危険な環境下でのチャウパディ。
    もちろんチャウパディが男性優位の価値観を再生産しているという批判は是だろう。しかし、ネパールは女性党員も多い毛沢東主義共産党が強い政治力を持ちミスコンが女性搾取であると禁止になる国であることも考慮するなら、チャウパディは格別の懸案ではないと考えられていると推測できる。理由としては「不浄なるもの」の認識は男女双方への初歩的な医学知識(保健体育レベル)を重ねればいずれ消えるものだからであろう。

    Reply
  • まさに>「近代化していくなかで価値観と照らし合わせて、声を上げて訴えたり変えていったりして、それらを乗り越えて改善してきたものなんだよ。」のとおり今ネパールはその途上である。
    なお、ネパールでの女性のチャウパディに対する意見については調べていないが、日本での「月経小屋」の廃絶に対して女性自身が反対してきたこと、そういった地域は逆に女性の社会的地位が高かったこと、月経不浄観と女性不浄観が等しくないことを波平恵美子氏は研究で明らかにしてる。
    ヒンズー自体には女性蔑視の教義が多いので、やはり女性抑圧のためのシステムとしてチャウパディが生まれた可能性は大きいが、根拠となるソースがないので私は断定を避ける。いずれにせよ男女双方への意識改革が行われる必要はある。
    それでは、それは外圧によってもたらすことができるか?例えに挙げた日本女性の覚醒は外圧によってもたされたものか?いいや、経済成長とそれに伴う女性の社会進出という条件のもと日本女性自身が獲得したものだ。与えられた自立は自立できない。「救わない」のではなく「救えない」。
    ホモセクシュアル間のエイズ感染を拡大させるとバスハウス文化を糾弾したことで解決をこじらせた事例すらある。異文化を無理解に糾弾する外部者を内部の人間が拒絶するのは水は低きに流れるより明らかなこと。私たちが真に不幸な少女を減らしたいと考えるなら経済発展と教育によって当事者が自らを助くるのを支援することのみだ。
    ところで、ネパールは死刑廃止国家であり女性の社会進出指数では日本より進み、ジェンダーギャップでも日本と同等、あるいは上回っている国であることを考えると、私を含めネパールの性差別や人権事情を心配する※のさまは滑稽な気がしてきた。

    Reply
  • だ~か~ら~この記事ごときで他国の風習の是非を判断してんじゃねえぞ、
    と、あれほどわかりやすく書いてやったのに、記事文中の「不浄」を真に受けての
    「女性蔑視ガー」「人権ガー」ってか?

    そもそもこの元記事のBBC記者氏が、
    果たしてどれほど正確にヒンドゥー教に於けるこの「不浄」と訳された習慣の
    内包するニュアンスを理解してるのかと。
    そして、受け手たるアンタがどれほどヒンドゥーの価値観を理解しているのかと。
    っていうか、宗教全般に対してずいぶんと敵対的にも見受けられるが、
    そんな姿勢じゃあ、そら他国の文化への尊重なんざできるわけがねえわなあ。
    な~にが「思考停止」だよ、このアジテーターフェミめ。

    Reply
  • んで、テメエの「人権ガー」思想に凝り固まってモノを見てるから、
    他国の宗教的価値観に対して「不当に扱われてる」とか平気で言えるわけだ。
     
    対して、「不当」とかそういう頭のわr…もとい、カタい見方をせず、
    単純に「命のリスクの有無」基準で批判してたんだろうと、
    精一杯好意的に解釈してやった上で、
    だからこそ「命のリスクを有する宗教的行事」を例示したわけだが、
    「人権不当教」に入信されてらっしゃる信者さまにとっては、
    そら教義に照らして「人権が不当に抑圧されてる!!と俺様が主張できるか」
    が基準であらせられてらっしゃるようですから、そうならざるを得ないでしょうなあ。
     
    再度書くが、
     
    そうやって、他国の文化を正義ヅラで根絶やしにしてきた世界の歴史に、
    少しは学びやがれ。

    Reply
  • そもそも、だ。
    経血の「不浄」なんてものは、現代先進国の民の意識にだってあるだろが。
    女性の月経時にパートナー男性がそれを知らずにオーラルセックスをしようとして、
    女性自ら「汚い」を理由に拒むなんていうのはよくある事例だろが。
     
    表現の普遍性として、また女性自身の普遍的意識としても、
    「不浄」ってのは自然発生的にあり得るんだよ。
    そしてその時期に起こる場合によっては頭痛・吐き気・貧血等々の
    各種疾患を伴うものであることもまた普遍性を持つ。
    ではそれをどう社会的にバランスを取っていたか、という一例が本件の習慣、
    またはその他世界各地のそれに類する習慣なわけだ。
     
    それを「男ガー」とか言い出すことの頭の悪さときたら。
    「人権ガー」とか言い出すことの頭のカタさときたら。
    「不当ナー」とか言っちゃう視野狭窄っぷりときたら。
     
    しかも、合理的な習慣だ!とも、正当な習慣だ!とも、言ってない冷静な指摘に対して、
    「廃絶あるのみ」でフェミ教の教義丸出しで宗教戦争仕掛けてくるその野蛮さときたら…。

    Reply
  • だからこその合理的「側面」という表現なのだ、という奥ゆかしさを、
    フェミ教信者サマは読み取れてないんでしょうなあ。
    教義にあわないものは全否定。
     
    そんなんだから「他国の歴史・文化・習慣を尊重しやがれ」などという、
    本来なら恥ずかしくて目から火が出るような指摘をされちゃうわけだよ。
     
    っていうか、宗教嫌いか何か知らんが、
    ご自身の「信者」っぷりをこそ問題視したほうがいいんじゃないのかね?

    Reply
  • ※78
    恥ずかしい時に火が出るのは目じゃなくて顔な。

    Reply
  • 【海外の反応】ロコロコニュース

    最近のコメント

    名無しさん : 【海外の反応】エンダム戦に勝利した村田諒太「まだまだ海外では“村田って誰やねん”状態」海外「村田はアジアを代表する世界チャンピオンになる」【ボクシング】
     正直、ゴロフキンvsカネイロと比べると 動きが緩慢でパンチのスピードもね・・・...
    名無しさん : 【海外の反応】エンダム戦に勝利した村田諒太「まだまだ海外では“村田って誰やねん”状態」海外「村田はアジアを代表する世界チャンピオンになる」【ボクシング】
     俺が見た反応と違う
    名無しさん : 【海外の反応】エンダム戦に勝利した村田諒太「まだまだ海外では“村田って誰やねん”状態」海外「村田はアジアを代表する世界チャンピオンになる」【ボクシング】
     ※8 性に興味あることがバレたくなくて煽りながら相手のことを探ってるみたい。 ...
    名無しさん : 【海外の反応】エンダム戦に勝利した村田諒太「まだまだ海外では“村田って誰やねん”状態」海外「村田はアジアを代表する世界チャンピオンになる」【ボクシング】
     ※6 平均的な日本の女から遥か下の容姿のお前がなにほざいてんだよwwww 身...
    名無しさん : 【海外の反応】エンダム戦に勝利した村田諒太「まだまだ海外では“村田って誰やねん”状態」海外「村田はアジアを代表する世界チャンピオンになる」【ボクシング】
     ゴロフキンってなんか握ってるんじゃねえかと思うほどパンチエゲツないよね

    スポンサードリンク