ukiyoe

【海外の反応】LAアーティストのフジタガジンが融合する浮世絵とグラフィティのアートが最高にかっこいい!!

ukiyoe2

ストリートアートはかっこいい。浮世絵もかっこいい。ロサンジェルスのアーティスト、フジタガジンは日本伝統芸術とアメリカの近代芸術を融合させている。

ロサンジェルスにて日系移民の間に生まれたフジタは、ウェストコーストヒップホップやラテン文化を受けながら伝統的日本文化を吸収。Otis School of Art and Design とUniversity of Nevadaで学び、ストリートではKGB (Kids Gone Bad) とK2S (Kill to Succeed)というグラフィティクルーに所属。

彼は大型の作品を手掛けることが多く、そのほとんどは日本の神話や歴史を基にしており、材料は金箔、木製用スプレーペイント、細目の油性ペンと、東洋と西洋の双方から使用している。

ふじた自身こう言っている:「自分はヒップホッパーだと思う。DJが昔の名曲のサウンドやビートをサンプリングするみたいに、自分はそれをヴィジュアルでやってるんだ。」

?

1: 海外の反応@ロコロコ ID:locoloconews.com
これって、バカが破壊行為が“かっこいい”と思ってるだけだよね。 昔の日本はもっといい所だった。あんたたちみたいなのが現れる前まではね。当時は破壊行為なんてなくてそれぞれがそれぞれの所有物をリスペクトしてた。訪問した人達が者が“かっこいいストリートアート”が無いってたけど、それって素晴らしいことだと思う。ロスの手に負えないような人たちとは違ってね。 こんな趣味の悪いカルチャーを日本に引きずりこんでくれてどうもありがとうございます。あと日本の道徳性を衰退させてくれた人たちにも感謝してます。
2: 海外の反応@ロコロコ ID:locoloconews.com
1番のコメントしてるひとからまともなコメントもらえる思わないほうがいいよ。
3: 海外の反応@ロコロコ ID:locoloconews.com
1つ目、このアーティストは日本じゃなくてカリフォルニアに住んでる。なので誰かが何かをどこかに引きずりこんだっていう意味が分かんない。 2つ目、グラフィティはアートの形式。破壊行為やバイオレンスと連想されることもあるけど、それ自体は破壊行為でもないし、“手に負えない人たち”から生まれたものじゃない。 この記事が言ってるのは、あるアーティストが2つのユニークなアートスタイルを融合して、ロサンジェルスのLouverで展示されてるって言ってるだけ。たまたま、そこはアートミュージアムだけどね。
4: 海外の反応@ロコロコ ID:locoloconews.com
浮世絵ってもともとポルノから始まったって知ってる?アメリカのプレイボーイ誌みたいな感じ。単なる古いポルノ誌。木版画を使っててそれが広がったのは、安かったから。ってことで日本人は、今で言うジャスティンビーバー(女形を演じてた歌舞伎役者?)のポスターを壁に張ってたみたいなもの。
5: 海外の反応@ロコロコ ID:locoloconews.com
最近のストリートアートは、敷地のオーナーの承諾を得てからやってるものがほとんどだってことも言っときたい。っていうのは、それをアートとみなしてるから。ストリートアートをするために合法的な場所を作ってる都市もあるんだよ。
6: 海外の反応@ロコロコ ID:locoloconews.com
少なくとも、このアーティストは自分のペインティングを変な落書きでタギングしてるだけだからいいじゃない。
なんの分野であれ海外で日本人が頑張ってる話を聞くのは気分がいいねー!

の関連記事

コメントを残す



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)