nendong

 ニュース内容

イギリスで末期癌患者の14歳の少女J.S(イニシャル)が家族に遺言を残してこの世を去った…少女は世界で初めて法廷闘争の末、冷凍人間になったのだ。

少女は冷凍保存に反対する父親に対抗し、訴訟を提起した結果、イギリス高等法院から勝訴の判決を受けた。
現在少女の遺体は、”米国冷凍保存研究所”にある氷点下196度の液体窒素が入った容器に保管されている。

少女の弁護を引き受けたジョーフリートウッド弁護士は「J.Sは冷凍保存について十分に調べた後、このような決断をした。裁判所は、彼女の選択を尊重したまでだ」と述べた。
J.Sが冷凍人間の道を選んだのは、いつか医療技術が今よりもっと発展すれば、自分の病気を治療することが出来ると信じていたからである。
 
しかし、まだ生命体”全体”を長期間凍らせたのちに解凍させたという事例がなく、議論を生んでいる。
 
  ここ数年の間、J.Sのように冷凍人間になろうとする人の数はますます増えている。
2000年当時、アメリカの冷凍人間会社「アルコー延命財団」には、約40人の冷凍人間が保管されていたが、15年後、その数が3倍に増え、 2016年9月までに148人の遺体が引き取られた。
また、自分も死亡した後に”冷凍人間になりたい”と、1101人の会員が加入している。
 
 
 海外の反応
 
・既に死んでいる奴を凍らせておいて生き返らせるのは可能なのか?
 
 
200年後に地球が存在しているか疑問…
 
 
・これ…ミイラとなんら変わりないんじゃ?
   
   
・これもまた人類の欲心だなあ。
 
 
・凍らせた人間は多いのに、溶かした人間は居ないんでしょ?
 
 
200年続く会社がどれだけあるかな…
 
 
目を覚ました時、自分が愛していた人が、両親が、兄弟が、誰も居ないのに…その人生に一体なんの意味があるっていうのか。
 
 
・現在の冷凍保存技術ではダメだ。しかも死後の肉体なのに復活不可能。
 
 
・お父さんを相手に訴訟して勝って、死んだ死体を冷凍したなんて…結局費用は両親が負担するのに
 
 
200年後に治して生き返ったって、文明の違いとジェネレーションギャップに戸惑うだろうね
 
 
・この結果がめちゃくちゃ気になるんだけど、200年後にならなきゃ確認出来ないんだもんね
 
 
・200年後の医師たち「いやいや、死ぬ前に凍らせとけって!」
 
 
・維持費とかは誰が出すの?倫理的な問題はどうするんだ?
 
 
・まだ幼いから、一筋の光を見つけたと思ってそれに賭けたんだろうけど、”死”の現実をそのまま受け入れることも”勇気”であり、また”知恵”なのではないだろうか…
 
 
・冷凍人間を解凍するのが問題なんじゃなくて、これは死んだ人を生き返らせるってこと?血液を抜いて不凍液を入れて凍らせるならそういう技術ってことでしょ?
 
 
・魚を解凍して生き返った試しがありますか?w これは人間の想像に過ぎないだろう
 
 
・気持ちは理解出来るけど…この子が映画を沢山見過ぎたんだろうね
 
 
・心臓の鼓動を聞くことは出来るかもしれないけど、記憶はどうするつもりだ?そういう点も含めて可能になるのかな
 
 
・自然の法則に反している行動だからかな…何か嫌悪感を感じるよ
 
 
3000年前にこうやって作ったものを私たちは “ミイラ” と呼んでいるw

引用:http://news.donga.com/3/all/20161202/81629916/1

もしかしたら200年後の医療技術では癌を完治させることが出来るかもしれないけど、この少女が200年後に無事に解凍されるかは別問題よね…
この記事が面白ければ
シェアをお願いします!
【海外の反応】ロコロコニュース

コメントを残す



33コメント

  • 資金集めの詐欺だって話も聞いた事ある。

    Reply
  • 死ぬ間際に、実の父親と争うっていうところが悲しい。
    冷凍になるよりも、身近な人達と心置きなく交流するほうがいいな。

    Reply
  • 猿とかで実験したのかな

    Reply
  • 死後なの?馬鹿じゃん

    Reply
  • まんまブルージェンダーだな

    Reply
  • いやいや、少なくとも死んでから凍らしても駄目じゃん

    Reply
  • 死後かよw
    じゃあ親父が反対する理由って
    金払いたくないか
    金集めの自作自演かだな

    Reply
  • 炭素冷凍で頼む

    Reply
  • 「現在少女の遺体」「医療技術が今よりもっと発展すれば、自分の病気を治療」
    それは治療ではなく「生き返り」だ
    もし医療技術が進歩しても今度は人口問題が加速する
    戦争やって人を減らそうにも戦場の主役はドローンになってるかもしれない
    どっかの漫画のようにくじ引きで死者を決めるような未来になるかもしれない
    そんな状況で実験的に何人かは蘇生が試みられるだろうけど大半の冷凍保存された人たちはそのまま火葬(土葬する土地もなくなってそう)されるだろうね

    Reply
  • 200年後も同じ企業が存続してる確率…

    Reply
  • 実は、冷凍しても完全には保存されないという事実

    Reply
  • 維持費・管理費とか言って、遺族は200年間金取られ続ける訳?
    そりゃぁ裁判も起こしたくなるよw

    Reply
  • 解凍技術よりまず冷凍技術の方が重要な気がするが。

    Reply
  • アルコー延命財団とか「脳だけあればオッケーだろ」という事で首だけプランとかあるじゃん…
    技術もそうだが考え方もオカルトレベルから出てない

    Reply
  • どう冷凍したんだろう?
    金魚やドジョウなら生きた状態でCAS冷凍すれば解凍後に生き返るけど、
    人間は容積と水分が多いので凍結時に細胞から水分出ちゃいそう。

    Reply
  • なんでこんなバカなことやってんの?

    Reply
  • 金もうけの手段としての冷凍保存だろ。
    この会社が解凍まで請け負っているなら話は別だが。
    解凍する費用は誰の負担だ?

    Reply
  • ※17
    そりゃあもちろん自然解凍でしょ!費用ゼロだし無問題♪

    Reply
  • 解凍なんて絶対されない。
    遺族が死んだ時点で廃棄処分だよ。もしくは計画倒産してドロン。
    死の恐怖を利用した詐欺商法なんだが、14歳の子供じゃ死の恐怖は相当なもんだろうから、少しでも和らいだなら役に立ったんじゃね。

    Reply
  • 同じ立場になり代われるわけではないので
    ぬくぬくとPCやスマホいじりながら出せる結論とは
    まったく違う心境からだとは思うけど
    死を受け入れるには幼すぎるし十分苦しんだとは思う

    Reply
  • 200年後生き返ったとして、その後の生活どうするんだろうか
    貨幣価値なんかも変わってる可能性あるし、例えば金を貯蓄してたとしても
    金がゴミ同然になってた場合など

    で、解凍してくれる人がそもそも200年後にいるのか、解凍後治療してくれる人がいるのかも疑問だ
    単なるサンプルとして扱われる可能性も大いにあるよね

    Reply
  • 新陳代謝を超低速にして生きたまま保存ならわかるが、死んでからでは絶対に不可能だよねw
    生物的に細胞が組成しても、脳内の電気的信号でできた記憶は全て失っているわけで、できたとしてもまっさらなクローン人間てことです。

    Reply
  • 死後ならまだマシだなぁ

    Reply
  • 死んだ後に冷凍とか馬鹿すぎる
    微生物なんかは冷凍して保存する株も多いがそれは生きてるのが大前提
    死骸を冷凍してもどうにもならない

    Reply
  • 死後なら無理だろうなぁ

    Reply
  • ミイラと一緒やん・・・
    その会社が残ってると限らない・・・

    Reply
  • イギリスは冷凍食品をよく食べるから、人間の冷凍にも抵抗がないのか

    Reply
  • 大規模長期停電対策とかあるのかな。冷凍人間は数十年前からあるようだが、蘇生した実例も無いし、企業も承諾書書かせて免責してるだろうからこのままのような。死を受け入れられない若さだからワンチャンに賭けたんだな

    Reply
  • 実質殺人じゃねぇか…
    将来の僅かな可能性だけでこんなことが許されるなら大概の犯罪も原状回復する可能性があるからってことで減軽対象になっちまう

    Reply
  • まぁ、本人もそこまでアテにしてるわけじゃなかろうて

    Reply
  • 生きてる人間を凍らせるのはほうりつてきに難しいんじゃない?

    Reply
  • 科学宗教の極みだな

    Reply
  • 日本にいるあの連中を寄生も棄化も全部冷凍して南トラフに沈めたらどうだろう?イスラムも黒いのもあの辺との雑種も全部含めて。親が試し腹とか、共食いしたのはダメです。とか、適当に言ってさ🎵

    Reply
  • 【海外の反応】ロコロコニュース

    スポンサードリンク