white powder on black surface

【海外の反応】中国の人気飲食店、中毒になるほどやみつきになるその味の秘訣は…!!

white powder on black surface



ニュース内容

やみつきになるほど中毒性の強い料理がある中、本当の”麻薬”を使った料理を販売した飲食店が摘発されて衝撃を与えている。

イギリスBBCは客を呼び集めるため、麺にアヘンの原料の一つであるケシの粉末を使用した中国の麺専門店について報道した。このような事実はこの飲食店で麺料理を食べた一人の客の尿から陽性反応が出たことから発覚した。
飲食店の主人は「ケシの粉末を使って麺を作ったのは間違いないが、人体に害はないと思った」と犯行を認めた。
ケシは過去に中国で鍋料理の材料として使用されたが、麻薬成分の影響から現在は食材と使用することを禁止している。

海外の反応

・言行一致とはまさにこのことだな。


・韓国も昔似たような事件あった。お母さんが言ってたけど、地元の麺屋もずば抜けておいしかったわけでもないのに、なぜかやみつきになる味でかなり人気があったらしい。実はカフェイン中毒になるような成分を使ってて、お店は処分受けたみたい。


・中国って本当おもしろい。


・麻薬って高いんじゃないの?


・むっちゃウケる!!


・奇抜なアイディア。


・食べ物で遊んじゃダメだろ。


・ニュース見て久しぶりに笑ったわ。


・漫画で見たことある話が実際にも起こるだなんてwwwww


・私たちが美味しいって食べまくってるのも麻薬が使われてるのかなwww


・カフェでアルバイトしてた時に販売してた”麻薬コーヒー”にも本当に麻薬が入ってるのかって真剣に聞いてくる人が何人かいた。


・世の中には頭のおかしい奴が多い。


・中国ってこんなことしたら死刑なんじゃないの?


・売上げ全部麻薬購入代で無くなってただろうな。


・これ前にテレビ番組で見たことある!!


・さすがは中国。


・嘘をつかない料理屋wwwwww


・ほんと凄い!!


・中国行ってきたら尿検査は必須だな。


・麻薬〇〇って名前の付いた料理はちゃんと調べた方がいいんじゃない?


・人気店の料理の秘訣に麻薬を使われてるっていう噂が昔あったの思い出した。


・こんなことありえるの?笑えるわ。


引用:http://www.insight.co.kr/newsRead.php?ArtNo=78796

私も久しぶりニュースを見て笑ったわ。やみつきになるほどの美味さの秘訣が麻薬だなんて。世界では普通では信じられないことが起こってるのね。

の関連記事

14 Comments

  • 名無し

    ブラックカレー

    Reply
  • 名無し

    以下ブラックカレー禁・・・
    あっ 

    Reply
  • 名無し

    中国じゃ昔から何度も同じようなことが起こってる
    中毒になった被害者がいるのに笑うのは管理人の神経を疑うわ

    Reply
  • 名無し

    どこにも中毒になった被害者がいるなんて書いてないのに
    なんでこの人怒ってるの?別のソースで書いてるなら、そもそもここにそのコメントを書くこと違い見当違いだし

    Reply
  • 名無し

    東南アジアでもよくある事(大麻入りスペシャルスープ)

    Reply
  • 名無し

    麺は知らんけど芥子入りスーフは中国では中世から延々続いてる伝統だわな。

    Reply
  • 名無し

    ケシの実 あんぱん 七味唐辛子

    Reply
  • 名無し

    ケシの種子は煎ると香ばしく、あんパンやケーキに振り掛けたり、七味唐辛子に混ぜるなどして使われる。和菓子の松風には必須の材料である。中央ヨーロッパから東ヨーロッパではポピーシードで作った餡状のペーストをシュトゥルーデル、シュトレン、パイ、ハマンタッシェンなどの菓子のフィリングとしてよく用いる。モルヒネの含まれていない品種は特にポーランドのパンやケーキに大量に用いられることが広く知られている。東インドでは、種子をすりつぶして煮込み料理に加える他、ケシの実のチャツネも作られる。
    栽培品種にもよるが、種子にはモルヒネが含まれていないか、含まれていてもごく微量である。長年にわたって食用に供されてきた歴史があるため、普通どの国においてもポピーシードは規制対象となっていない。日本においても『あへん法』では種子は取り締りの対象から外されており、ゆえに所持していても法的には問題にならない。しかし発芽すると法に触れるので、日本で販売されているケシの種子は加熱による発芽防止処理が施されている。
    Wikipediaのケシの頁より抜粋

    Reply
  • 名無し

    こんなのせんでも炭水化物は中毒になるべや

    Reply
  • 名無し

    コカコーラも最初はコカインが使われてたんだっけ

    Reply
  • 名無し 

    七味、あんぱんのは炒ってあるけど、これはどうなんやろ
    中国なら小○便で煮込んだゆで卵や、
    地溝油で揚げた油条も別の意味の中毒になるほど美味いらしいけど

    Reply
  • 名無し

    グルタミン酸は覚せい剤より中毒性がある。

    Reply
  • 名無し

    これって結構前の話しじゃないの?

    Reply
  • 名無し

    ※13
    俺も前に痛いニュースとかで見た気がする
    海外の反応はなかったけどさ

    Reply
  • コメントを残す



    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)