affair

【海外の反応】女性の浮気は遺伝的にプログラムされていた事が判明!?

affair


ニュース内容

デイビッド・バス博士らの研究論文によると、女性は恋愛や夫婦関係が破綻したと感じた時、あらかじめ遺伝的に組み込まれている「バックアップ・プラン」によって、浮気をしやすくなるというのだ

テキサス大学の科学者たちは、人間は一夫一婦制の関係を持つように進化していることを前提とし、この研究に挑んでいるという。

研究チームは「メイト・スイッチング仮説(直訳:相手を取り替える)」を提唱している。これは、人間が他者との人間関係をテストし、より優れたオプションを探し続けて進化してきたという仮説だ。

この研究の筆頭著者であるデイビッド・バス博士は、Sunday Timesに「生涯にわたる一夫一婦制は、人間の主要な交配パターンを特徴づけるものではないのです。」と語った。
「現在のパートナーとの関係に終止符を打ち、次に別のパートナーと新たな関係を築くことは、より正確に人間の交配戦略を特徴づけることになるのです。」

私たちの遠い祖先の人々は、病気や貧しい食生活、最小限の医療のため、30歳まで生きられることは稀だった。そのため、より適切なパートナーを探すことが必要不可欠だった、と研究者は主張している。

浮気に関する逸話は数多くあるものの、今までの研究において、人間が一夫一婦制または非一夫一婦制のどちらになりやすいかを明らかにしたものはなかった。

実験は、ラファエル・ヴロダルスキー博士とオックスフォード大学の研究チームによって行われた。それにより、個々人の薬指の長さと彼らが自分のパートナーを裏切る可能性に、相関関係があることを発見した。しかしながら、因果関係までは特定することができなかったと強調している。

オックスフォード大学のロビン・ダンバー教授は、「このような相関関係は大人数のグループを観察した時のみ顕著になる」のであり、その差異は「非常に微細」であると述べている。

そしてさらに、「人間の行動は個人がおかれた環境や人生経験のような多くの要因に影響されるものであり、したがって、おそらく我々がまだ子宮内にいる時に起こるような事象が唯一、性的関係と同じくらい複雑な影響を及ぼすのではないか。」と続けた。

またバス博士は、「浮気や不倫はパートナー保険のような機能をもたらし、予備のパートナーをキープすることは将来的に正当化されるでしょう。なぜなら、いつものパートナーは浮気をして逃げたり、死んでしまったり、その価値がなくなる可能性があるからです。太古の女性たちは、予備のパートナー不足で苦しんでいたことでしょう。」と語った。


海外の反応

女性はこれに同感なわけ?


・これってつまり、人間は一人を不幸にするだけじゃ足りなくて、何人もを不幸にするようプログラムされてるってこと?


は、女性は遺伝的に男性を使い捨てするようにプログラムされてると思うな。男性から何かしらの利益を得るためにね。同じように男性も、遺伝的に自分の種を遠くまで広げるようにプログラムされてるのさ。


似非。疑似科学的な言語に包み隠されたナンセンスw


私は遺伝的に自分の遺伝子を非難するようにプログラムしています。


・ちょっと前に同じような内容のものを読んだな。たしか、ヘンリー・ブルベイカー博士の報告だったかな?


なんだ、私の行動は完璧にノーマルだったんだ!!!


・人間を遺伝学的に捉えることは素晴らしいね。


世の中には、一度に多くの男性を苦しめることを好まない女性もいるし、一人の男性だけを見続ける女性もいます。そういう人が、忠実な女性なんです。


・不倫は爆発だ。複数のパートナーから様々な経験を得て、何かから遠ざかることによって高められる。


・事実無根の「科学」は素晴らしいね!w


・ゴミ研究。俺は今まで女性に性的な関心を持ったことがない。それって、この記事が全部ナンセンスだっていうことを証明してない?


・僕の妻は、ほぼ毎晩違うクラブに行って浮気に勤しんでるよ。


女性と猫はしたいようにする、男性と犬はそれに慣れるしかないのさ。。。


・なぜ我々が一夫一婦制に進化している、と仮定するんだ?多くの文化はそうじゃないし、その大体は宗教的な理由だ。


もし彼があなたを騙したなら、犠牲者はあなたではなく彼です!彼は、単にもう一人の女性の生物学的緊急事態に屈したのです!!


・独身でいましょ、気楽だし裏切られることもないし 😉


・そして男性はブンブン飛び回るハチのごとく。。。


・イエスから離れる時の一つの良い例だね。


・あらら、この人たちはどこにいたんだろ?こんなこと、1000年前からみんな知ってるよ。

 


引用:http://www.independent.co.uk/life-style/love-sex/women-are-genetically-programmed-to-have-affairs-evolution-university-texas-scientists-suggest-a7203501.html#gallery

この研究のおかげで、矢口真里の不倫やアンタッチャブル柴田の奥様の不倫が正当化されてしまう日が来るかもしれないわね。

15 Comments

  • 名無し

    女は「現在のパートナーとの関係に終止符を打ち、次に別のパートナーと新たな関係を築く」で
    男は「現在のパートナーとの関係を維持しながら、更に別のパートナーと新たな関係を築く」。

    どっちもどっちだろ?
    よりタチが悪いのはどちらかってとこで意見が分かれるくらいで。

    Reply
  • 名無し

    一夫一妻の生涯の伴侶的固定観念がもはやキリスト教的だ。
    (それをどう思うかは、個人の自由だが)日本の妻問婚の方が人間科学的には正しいというだけの話だろ。

    Reply
  • 名無し

    まあ確かに疑似科学的だな
    そういう傾向が実際にあるかどうかはともかく

    Reply
  • 名無し

    女は相手に見切りつけたら、さっさと次に行けるってのは前から言われてるよね。
    逆に男は別れてもひきずる傾向が強いとか。
    別れた後も「俺の女」扱いされて、完全に絶交したことはある。

    Reply
  • 名無し

    社会性を持つ生物は雌雄を問わず浮気するというのは動物学の常識なんだけどね。
    オシドリやツバメなどの鳥類でもパートナー以外と交尾することで自分の遺伝子が残る確率を上げようとする本能がある。

    Reply
  • 名無し

    性的に関わる教義、法律が女性をターゲットに成り立っている点からこんな物は常識だと分かるはずなんだが・・・

    Reply
  • 名無し

    他の研究ニュース記事でも浮気するのは遺伝で決まってるってあったなあ
    ただそれは浮気する奴としない奴がDNAでハッキリ別れてるって内容だった
     
    つまりは浮気症の女性はDNAで決定してて一生治らないし(男も同じだが)
    だから男は浮気しない女性を選べばいいだけって感じだったよ
    まあ男はもともと結婚相手は貞操観念ある人を選びたがるし問題ないだろ

    Reply
  • 名無し

    知ってた。経験的に・・・

    Reply
  • 名無し

    研究前提がおかしくないか?
    元々人間は『乱交型』の生殖を行うのが本来の姿で、一夫一婦制がそもそも異常。

    Reply
  • 名無し

    まぁ簡単に言うと生活する相手とセクスする相手を別々にキープしている
    そこを指摘すると激昂するんだけどね
    男が浮気すると女性が言うのは自分の体の浮気を正当化しようとする理由から
    だけど本能だからその方が当たり前になると言うのは間違いだろうね 
    それだと生存本能に従えば殺人を正当化してしまうからね

    Reply
  • 名無し

    ※6
    そりゃ子供産めるのが女だからだろ
    で、男としては極力確度を上げて自分の遺伝子残そうとしたら、女の行動を制限するしかない
    大勢の女を1箇所にとどめて、世話する男はナニ切り落としておいたりね

    Reply
  • 名無し

    遺伝的な理由はもはや人間には当てはまらないでしょ、サイコパス因子を持っていても殺人鬼にならない人もいるんだし

    Reply
  • 名無し

    浮気がダメなんて人間社会を円滑にする為の人間だけの規則でしかない
    超合理的な自然の生物学的に考えれば子孫残す為に浮気はして当たり前

    Reply
  • 名無し

    元々人間は乱交型なんですよね。生物学的にも、女性は年中発情期、
    精子が他の個体の精子をコロす事実等々、その中で生き残った精子と受精することにより優れた個体を残す仕組みが出来ている。
    コレを無視した結果が、ガイジの増加。一夫一婦制は人類を破滅させるよ。

    Reply
  • 名無し

    >人間は一夫一婦制の関係を持つように進化していることを前提とし、この研究に挑んでいるという。

    キリスト教的価値観に基づく結論が出ていて、ただ現実との乖離を埋める為の理由探しではないのか。

    Reply
  • コメントを残す



    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)