【海外の反応】テキサスのある小学校、7歳児が書いたメモに騙された!

 

ニュース内容

テキサス州ヒューストンに住む7歳の女児が、放課後プログラムを休むために親から先生へのメモを偽装。

そのメモはスペルミスだらけであったにもかかわらず、彼女は放課後プログラムを受けずに帰宅することに成功した。

 

少女の父親Charlie Dahuは、「偽装をしたのは娘が悪い。だが、明らかに子供が書いた文章じゃないか!」と取材に応じた。

 

メモには “I want Rosabella to go too dus 131 today.”とスペルミスだらけではあるものの「今日は、Rosabellaを1:31のバスで帰らせてください。」と記してあった。

 

メモのおかげで放課後プログラムを休むことができたものの、彼女が家についても自宅に入ることができず、近所で遊んで時間をつぶしていた。

その後、近所の家でトイレを借り、家主が父親が帰ってくるまでRosabellaを家に居させてあげた。

 

教育委員会によると本件は調査中とのこと。

 

海外の反応

彼女が親のメモを偽装したことよりも、なぜこんなに小さな子が放課後プログラムを偽装までして休みたかったのか考えるべきだよ。

 

 

・残念だけど、アメリカにはこういうライティングレベルの大人もたくさんいるよ。だから、先生は信じちゃったのかもしれないね。

 

 

・私は小学校で教師をしているけど、私も明らかに子供が書いたメモをよくもらうわ。そういう時は必ず保護者に電話をして再確認するようにしている。なんで、子供が書いた偽物のメモを信じちゃうのかしら…。

 

 

・Rosabellaの先生も”dus”(ダス=バスの書き間違え)に普段乗っているんじゃない?w

 

 

7歳の時に自宅の鍵を持っていたのは私だけ?両親が帰ってくるまで、自分一人で居たこともよくあったわ。時代が変わってしまったのかな?

 

 

・ある日、幼稚園からの手紙に自分でサインをして提出したことがあって、翌日も先生にその手紙を渡されたんだけど、先生はなんと僕のシャツの背中の所に手紙をピンどめしていたんだよ!先生は子供たちよりも賢いよ。

 

 

・アメリカには、移民だったり、教育を受けていなかったりと、低い英語レベルの親もたくさんいる。特に、両親が英語を話さない場合は子供に代筆させるケースもあるんだよ。だから、この話の全体像を聞くまでは、先生のこと責められないなあ。

 

 

テキサスにとって恥ずかしいのはどっちだろう?大学の学位もある先生が7歳の子に騙されたこと?それとも、7歳にもなる子が”bus”(バス)を正しく書けないこと?

 

 

・テキサスに関して言えば、教育者の方がしっかり勉強しなくちゃいけないんじゃない?

 

 

・私たちが住んでいるアメリカは世界で一番無知なのかしら!

 

 

・テキサスでは全てがよりバカになるんだよ。

 

 

・学校側は、彼女の父親がトランプの支持者(=バカ)って思ったんじゃないか?w

 

 

・ヒューストン、私たちは問題だらけだよ。

 

 

・俺は高校生になるまでそういうサボりアイディア浮かばなかったわw

 

 

・放課後プログラムが「なぜ政治家のTed Cruzがカナダ人になりたがるか」の授業だったなら、逃げ出すのも納得!

 

 

・すごい!少なくとも私がメモの偽装するまであと4年はかかってたわ!

 

 

なんで学校は調査しているんだ?つまり、誰が気にするの?

 

 

・先生も学校もあの”テキサス”のシステムの一部だぞ?何を期待しているんだ?

 

 

・結局先生たちよりも彼女の方が賢かったってことだな。

 

 

・テキサスの学校なら、メモの最後に「私のママより」と書いてあっても気づかなかっただろうねw

 

引用:https://www.yahoo.com/news/texas-school-fooled-7-olds-fake-note-214424561.html?nhp=1

 

7歳でこんなことを思いつくなんて…!彼女が誘拐などの犯罪に巻き込まれなくてよかったわ!

の関連記事

コメントを残す



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)