【海外の反応】飛行機の中で出産!名前は航空会社にちなんで”Jet Star”に決定!

 

ニュース内容

シンガポールからミャンマーに向かうJet Starの機内で、ある女性が男の子を出産した。

 

出産を助けてくれた乗務員や航空会社に敬意を表し、苗字がStarである男の子の家族は彼をSaw Jet Starと名付けた。

母親は特に一人の乗務員Saw Ler Htuを「乗客に最新の注意と心遣いを示してくれて、必要な時には飛行機内で医療従事者を探してくれた」と称賛した。

機内には3人の医師が乗り合わせており、3,583kgの男の子の出産を手助けした。

 

母親と男の子は、到着後ヤンゴンにある病院へ搬送された。

 

Jet Star社は、今回出産した家族に$1,000(およそ10万円)分のベビー用品と出産を助けた3人の医師には旅行券をプレゼントしたと発表。

 

海外の反応

・母体のためにも、胎児のためにも36週以上の母親を飛行機に乗せるべきではないでしょ!

 

 

・なんでJet Starは臨月の妊婦の搭乗を認めたんだ?だいたい、母親っていつ産むか知らないものなの?

 

 

ちゃんとした航空会社は36週を超えた妊婦さんは乗せないし、お医者さんもおすすめしないと思うんだけど。

 

 

・もし世界一のシンガポールエアラインで産まれてたらどんな感じだったんだろう?

 

 

おめでとう、Jet Starの中で産まれたなら赤ちゃんはオーストラリア人だ。

 

 

なんてガバガバなルールなの?今回はお医者さんが居たから良かったものの、「もし」お医者さんが居なかったら?「もし」分娩で異常があったら?航空会社は改めてルールを見直すべきだと思う。

 

 

・俺だったら、ある会社の名前が由来でつけられた名前を一生恨む!

 

 

・お医者さんたちに拍手!

 

 

お医者さんが、しかも3人も格安航空を使っていたなんて驚き。。

 

 

・この名前…学校に行ったらいじられるんじゃない?

 

 

・Jet Starは無料で宣伝できたんだから、もっとこの子に色々あげてもいいんじゃない?

 

 

・Jet Starって格安航空だろ?そんな機内で産むなんて…

 

 

・30年前だったら、機内で産まれた赤ん坊は一生使える航空券をもらえたらしいよ。

 

 

こういう場合って子供の国籍は何になるの?

 

 

・赤ちゃんは、生涯無料航空券もらうべき!!

 

 

・↑俺が社長だったら絶対あげる!

 

 

一生分の航空券か…Jet Starが彼女が成長しても存続してるかが問題だね。

 

 

・この名前は確実にいじられるだろw

 

 

・苗字がStarなのかー。じゃあ、大きくなって名前の由来を聞かれたら「ジェット・リー」って答えればいいじゃん!

 

 

・空の上って国の概念ないだろ?国際人になるのかな?(笑)

 

引用:https://www.yahoo.com/news/woman-gives-birth-mid-flight-215700351.html

去年成田空港に向かう飛行機の中でも外国人女性の出産があったわよね。赤ん坊のことを思うと、予定日近くに飛行機での移動は避けた方がいいのでは…?

の関連記事

コメントを残す



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)