5745fe2d1409c3b36627668e21d6681b

ニュース内容

何年もの間、ペルーのナスカの乾燥した景色に点在している、プキオスと呼ばれる螺旋状の穴は考古学者たちを悩ませてきた。
しかし今、衛星写真によって、調査チームはついにそれらの穴のミステリーを解くことができた。

それらの穴は、「帯水層から水を吸い上げるために建設された、洗練された水力システム」の一部なのだと、調査チームのリーダーが説明した。「今日明らかになったのは、プキオスシステムは現在考えられているものよりもずっと発展したものだったはずだということです。」

調査チームは、衛星写真によってプキオスの配置について分析し、その地域全体に水を流していたと思われるその広がりに気が付いた。地下には、トンネルのシステムがあり、プキオスにつながっている。それぞれの螺旋状の穴は空気を取り込んで運河へと押し流し、ネットワークを通して人々に水を運び、農業や生活水として使われていたと思われる。

このようなシステムを編み出した古代ナスカの人々は、その地域についての地理的知識に富んでいたと考えられる。
この灌漑トンネルは、ナスカの地上絵にもつながっていたと思われる、と調査チームのリーダーは話す。

海外の反応

  • 素晴らしい社会だな!

  • 僕は2004年に幸運にもナスカの地上絵を上空から見ることができた。本当に素晴らしかった。

  • 地下水に興味を持って、砂漠で木を探す。

  • このことは、何十年も前から地元の大学の人たちはわかっていた。皆お母さんの世代から、ナスカ文明は干ばつによって崩壊したことを知ってる。昔はもっと緑があったんだ。

  • これは古いニュースだよ。それにしても、宇宙人は何も関係してないの?ガッカリだな。

  • 色んな説があるなかで、これが一番妥当だな!驚きなのは、なくなった古代文明が地質学、帯水層、山の上に石を運ぶ技術、そういうことを熟知してたってことだ。どうしてなのかもっとそこを説明してほしい!

  • 本当??2016年になっていまだに「地下の帯水層」とか言ってるのか?どれも地上に出てない。

  • 俺には穀倉に見える。

  • 古代ナスカの驚くべき洗練された努力だな。他にもどんな面白いプロジェクトがあったのか知りたいな。

  • 前にナスカの地上絵を見たけどとてもよかった。ナスカ人たちはその知性に十分な信用がおかれてない。この帯水層についての説は前からあったけど、今回それが確かなものになったんだな。

    ?

  • 学べば学ぶほど、我々がどれだけ確かなことを知らないってことがわかる。

  • 記事には、この地下トンネルが地上絵にもつながっていたと思われるって書いてあるけど、根拠が書かれてない。誰か知らないか?

  • うわぁ。帯水層だと思われてたものが帯水層だった。驚きだな。

  • 何も新しい情報がここにはない。昔の人は現代の人と変わらない知性を持ってた。

  • どれも証拠がない情報だな。トンネルについは初耳だ!

  • トンネルに空気を送り込むのにこんなにたくさん穴はいらない。今はもっとずっと少ない。

  • これ以上に何かもっとあるはずだ。帯水層システムか、すごいな。この記事全部読みたいな。

  • 質問を聞きそびれたけど、答えは宇宙人だよ!

  • 大体文明は戦争、飢餓、干ばつ、地質学的問題で消滅する。

  • 衛生を使わないとわからなかったのか?悪いけどこれは前からわかってたことだ。

    引用:https://www.yahoo.com/news/mystery-nazca-perus-puquios-purpose-224600013.html

地上絵も灌漑に関係してたのかしら?どうして衛星写真でわかったのかが知りたいわ。
この記事が面白ければ
シェアをお願いします!
【海外の反応】ロコロコニュース

コメントを残す



【海外の反応】ロコロコニュース

最近のコメント

スポンサードリンク