starbucks-diabetes-side-by-side_1460153162311_3547171_ver1.0_640_360

【海外の反応】スタバのカップに「糖尿病がやってきた!」の文字、客は激怒!

starbucks-diabetes-side-by-side_1460153162311_3547171_ver1.0_640_360

ニュース内容

スターバックス公式は、グランデサイズ(約470ml)のホワイトモカは470キロカロリーで、59グラムの砂糖を含んでいるという情報を公開している。(ホイップクリーム有の場合)
今回スターバックスは、この情報を皮肉な形で活用してしまった。

 

シアトルに本社を置くスターバックスは、「カップに『糖尿病がやってきた!』と不快なメッセージのラベルが貼ってあった」と話す男性に謝罪した。
今回の件は、この男性が4月8日にフロリダ州セントオーガスティンのスターバックスに訪れた際に起こった。

 

男性は顔を出さないという条件で取材に応じ、「とてもびっくりしました。最初の単語(糖尿病)を見た瞬間に、二人の妹のことを思い出しました。」とコメントした。
男性によると、彼の二人の妹は糖尿病1型に罹患しており、この皮肉なメッセージを見たときに妹たちがした辛い経験と何度も何度も病院に通っている苦労を思い出したという。

 

ストアマネージャーのKent Millerは、「許されるべきことではありません。お客様が我々のサービスを通じて、良い時間を過ごしていただけるよう努力しておりますが、今回の一件を耳にして残念に思いました。」と話した。
スターバックス公式は、「謝罪させていただくために、男性とは直接やり取りしております。今回の事件があった店舗には、このようなことが二度と起こらないよう厳重注意をいたしました。」と発表した。

 

しかし、男性が求めているのは謝罪ではなく、このようなことが二度と起こさないという約束だ。
「妹たちの苦労をよく知っているので、あのメッセージを見過ごすことができなかった。」
彼は、カップに「私の二人の妹は糖尿病です…全然おもしろくありません。」と殴り書きして返した。

 

今回の一件を含めて、フロリダのスターバックスが(アメリカの)全国ニュースで取り上げるのは2件目。
(もう1件は、フロリダ州議員がスターバックスで有権者に「医療保険が受けられない!」と叫ばれた件。)

 

 

海外の反応

・こんなもの頼んでる時点で糖尿病になっても仕方ないだろ!

 

 

私のお母さんも糖尿病で、砂糖にはすごい気を付けてる。むしろ、健康に関する注意喚起をしてくれたバリスタに感謝すべきではないかしら?

 

 

・ジャンクフードを食べる量は本当に制限しないと、みんな糖尿病になるよ。

 

 

・たった一杯のコーヒーに59グラムも砂糖を含んだものを飲んでおいて、彼は抗議してるのか?彼も遺伝的に糖尿病には気を付けなければいけない人だろ。今回のメッセージはモーニングコールみたいなものだと思うけど。(糖尿病へ注意する気持ちを起こしてくれるもの)

 

 

なんで謝るんだ?俺も糖尿病患者だけど、将来の糖尿病患者がそのメッセージを読めばいいと思うよ。それに、糖尿病は単に砂糖だけの話じゃなくて、炭水化物だって気をつけなきゃいけないだろ。

 

 

・最近のスターバックスにはがっかりしてる。サービスも悪くなってるし…。

 

 

・みんな彼のことを責めすぎじゃない?私は糖尿病じゃないし、まわりにも糖尿病の人はいないけど、もし私が同じメッセージを受け取ったら同じことをしていたと思う。

 

 

・簡単な話だろ。人は与えられた仕事をこなせばいいんだよ。人に皮肉をふっかけてる場合じゃない。今回の店員が解雇されることを願ってる。

 

 

・どうやったらコーヒーの中にそんな量の砂糖を入れることができるんだ!?

 

 

僕だったら単純にもうスターバックスには行かないな。サービスに納得できない人たちが同じように行かなくなれば、業績も悪化して、彼らに給料も支払われなくなるよ。

 

 

・スターバックスの売り上げに貢献しているような人は、こんな経験をしても仕方ないだろ。

 

 

いつも思うんだけど、食品とか飲料の会社は必要以上にカロリーや脂質を増やしているんだから、気にする人は最初から自宅で自分で作らなくちゃだめだよ。

 

 

・タバコのパッケージの「タバコは死をもたらす」の警告表示みたいに、食べ物にも政府主導で警告表示を作ればいいのに。

 

 

コメントを読んで悲しくなっちゃった。彼の妹たちの糖尿病は、肥満や食べ過ぎと関係ないのよ。

 

 

・マクドナルドのコーヒーの方が安くておいしいよね。

 

 

僕は糖尿病2型の患者だけど、終わらない戦いって感じだよ。スターバックスは好きだったけど、砂糖がたくさん入っているからもう行ってない。今回のメッセージは注意喚起って感じで良いと思うよ。僕ももっと早く気付いて砂糖の摂取を控えていたら、今頃糖尿病じゃなかっただろうしね。

 

 

・二人の妹が糖尿病なのに、彼はいまだに59グラムも砂糖が入ったコーヒーを飲むの?

 

 

・「糖尿病ドリンク」の出来上がり。

 

 

・こんなレベルの低い従業員がいるなんて、大手チェーン店は管理大変だな。

 

 

・確かに、糖尿病2型の患者や予備軍には、良い注意喚起のメッセージかもね。でも、1型の患者にとっては全然おもしろくないし、むしろ攻撃的よ。2タイプの違いを勉強したら、私の言っている意味がわかるわ。

 

引用:https://www.yahoo.com/news/starbucks-diabetes-label-apology-191430828.html?nhp=1

 

アメリカのスターバックスでも名前を書いてくれたり、メッセージを書いてくれたりするけれど、お客様の気分を害するようなメッセージは避けるべきよね。

の関連記事

コメントを残す



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)