maxresdefault

築地最後の初競り(オークション)を制したのは?!その金額なんと昨年の3倍に1400万円!!

maxresdefault

11月に豊洲市場へ移転する築地市場で5日早朝、築地では最後となる初競りが行われ、200キロの青森県大間産の本マグロが昨年の約3倍の1400万円(1キロ当たり7万円)で競り落とされた。本マグロを5年連続、最高値で落札したのは、すしチェーン「すしざんまい」を運営する「喜代村」。同社の木村清社長は「最後の競りで最高のマグロを買うことができてうれしい」と話していた。

・日本の古き好き築地文化の裏側ではこんなビジネスが行われていたのか。。

 

・細菌などの問題は大丈夫なのか?!

 

・過去に旅行で築地を訪れたことがあるがその時の感動は今でも忘れないよ!!

 

・福島の原爆の影響で日本は魚は汚染されているんじゃないの?なんだか心配な気がするわ・・

 

・日本は海外と違って”ウォーターサイド”のレストランが少ないよな。築地は外国人にとって観光スポットの一つ!!その回りにもっと面白いレストランやお店があってもいいと思うけど!

 

・このオークションのお陰で売上はさらに伸びたなwww

 

・俺はこの築地に住みたい!!

 

・長い歴史のある築地市場が移転してしまうのはショックだな。。とても。。

 

・新しい豊洲市場は交通の便が不便そうだな。。これじゃ旅行客は行かなく成るぞ?!

 

 

やはり外国人の中でも築地はビッグネームのようだね!歴史ある築地市場が豊洲市場に変わってしまうのは残念だけど、これからも頑張って欲しい!

の関連記事