ニュース内容

発端は2013年の事故


ロサンゼルス警察がある事件の真相を解明した。
その事件とは、ある麻酔医が患者に薬を投与して故意に死を早めたというものだ。

事件が起こったのは2013年のこと。
その麻酔医が担当していた患者は8歳の少年で、誤って洗濯機の中に入り溺れたことで心停止になったため、ロナルドレーガンUCLA医療センターに搬送された。

搬送後少年は「脳死ではないが脳の機能が正常な状態に戻ることはなく、目を覚ますことはないだろう」と診断された。
話を聞いた両親は、息子がなくなった後は臓器提供を行うことを決めた。

当時少年の死因とされていたのは溺死と脆弱X症候群と呼ばれる難病であった。
しかし検死官は解剖の結果、少年にフェンタニルという鎮痛剤が使われていたことに違和感を感じ、詳しい調査を求めていた。

調査の結果明らかになった少年の死因

調査の結果、検死官が抱いた疑問が解明され、事実が公表された。

麻酔医は記録に残さずにフェンタニルを少年に投与していたことが分かった。実際に記録に残されていたのは「十分なケアを行った」という事だった。
しかしこのフェンタニルは、新鮮な臓器を確保するために少年を早く死なせる目的で投与されたものではないかという可能性が出てきた。

臓器提供はスピードが肝心であり、場合によっては心停止から30分で臓器が移植できない状態になることもある。
調査からは、やはり臓器提供の目的が強いのではないかと考えられているようだ。

現在、フェンタニルを投与した麻酔医は、「少年は空気を取り込めず喘ぎ苦しんでいた。早く死なせてあげる目的でフェンタニルを投与した。」と証言し、自らの行為を認めている。

苦しむ少年を助けるためと言いつつ、少年の内臓・器官を新鮮なうちに臓器を確保するため死期を早めるために薬を投与していたのではないかと疑いの目が向けられている

引用:http://www.foxnews.com/health/2017/06/13/doctor-accused-using-painkiller-to-quicken-death-8-year-old-boy-police-say.html

海外の反応

1: 海外の反応@ロコロコニュース

この子は苦しかったんでしょう。ある意味苦しみから解放されたという解釈ができるのかしら。親の同意があればの話だけど。

2: 海外の反応@ロコロコニュース

これが僕が免許証に「臓器提供」の印をつけない理由さ。僕が「旅行してるところを想像してみなよ。車で衝突事故にあったとする。立ち会った医者には腎臓が必要な友達がいるんだ。すると僕らはどこかに消えてしまう。健康な腎臓を二つ持っているからね。」と言うと、友達は僕を馬鹿にする。でも、こういうことだろ。

3: 海外の反応@ロコロコニュース

8歳の子どもが殺されなくても….調査がうまくいってよかったよ。

4: 海外の反応@ロコロコニュース

僕は医者がしたことは正しいと思う。実際新鮮な内臓っていうのは多くの人を救うんだ。

5: 海外の反応@ロコロコニュース

>>4親の立場でもそんなことが言えるか?

6: 海外の反応@ロコロコニュース

この医者は有罪になるのだろうか。個人的な目的で行ったわけじゃないんだろう?

7: 海外の反応@ロコロコニュース

臓器を移植されたほうは助かったのか?それも大事なことだろうに。

8: 海外の反応@ロコロコニュース

事故が生んだ事件か。テロがなくなってもこういう事件はなくならないな。

9: 海外の反応@ロコロコニュース

両親は悲しいだろうな。こんな医者に巡り合ってしまってさ。

10: 海外の反応@ロコロコニュース

検死官の執念もすごいな。よほど不可解な検死だったのかな。

11: 海外の反応@ロコロコニュース

この医者は事実だと認めているんだよな。という事は本当に人を殺しているという意識はなかったのか。

12: 海外の反応@ロコロコニュース

死ぬことは分かってたんだろ?残酷なことだけど、他の人の役に立てたと思えないかな。

13: 海外の反応@ロコロコニュース

私も昔、医者にこれを飲めといわれて薦められた薬が、体に悪影響しかないものだと発覚したことがあったわ。薬なんて信じられないのよ。

14: 海外の反応@ロコロコニュース

呼吸ができずにあえいでいたのなら、見ているのも苦しかったと思う。でもだからと言って殺していい理由にはならない。

15: 海外の反応@ロコロコニュース

>>14医療関係者なら少なからず人の死には直面しているはず。経験的に見るのが辛いというのは考えにくいんじゃないか?

16: 海外の反応@ロコロコニュース

真相がわかってよかったね。せめて天国では元気に過ごしておくれよ。

17: 海外の反応@ロコロコニュース

この子の臓器はどんな人に提供されたのだろうか。麻薬漬けの人間とかだったら胸糞悪いな。せめて健全な人であってほしい。

18: 海外の反応@ロコロコニュース

私の25年の看護師としての経験から証言するけど、実はこれはよくあることなの。ホスピスっていうのは死期を早めさせることもあるのよ。

19: 海外の反応@ロコロコニュース

この子はほかの人間の中で生き続けるわ。

20: 海外の反応@ロコロコニュース

ご両親はどんな気持ちかしら。せめて被害者のために祈りましょう。

6969: 管理人@ロコロコニュース
たった8歳の男の子が、臓器提供のために死期を早められたなんて信じられないわね。
中には医者の行動が男の子を苦しみから救ったという意見もあるけど、両親のことを考えたら胸が痛いわ。
この事件からは命の重さっていうのを改めて考えさせられるわね。
この記事が面白ければ
シェアをお願いします!
【海外の反応】ロコロコニュース

コメントを残す



10コメント

  • ドラマERを見ていて気になることがよくあるんだよな
    シーズン最初のはもう30年ぐらい前のドラマになるけど。
    ERの登場人物(主に医者)では延命治療拒否や安楽死、臓器提供は「当然すべきこと」のようになっていて、それに同意しない家族は「理解できないよ」の対象となってるんだ。
    当時のアメリカではもうそういう答えがでている社会だったのかな。
    今はどうなんだろう。
    もっと進んでいるのかな。

    Reply
  • この少年が病院に搬送された時点で助かる見込みがあったのかどうかが気になる。

    Reply
  • まず本人、家族の同意無しの安楽死の時点でアウトだから
    本当に苦しませない為なら親に同意取る
    見苦しい言い訳だな

    Reply
  • 金銭の授受が見えてこないと
    何とも言えんな

    Reply
  • ※1
    アメリカのドラマはそういうの多いね
    向こうの番組は局毎のの主義、思想が色濃く反映されてるから思想に反する登場人物を悪役にしたり、不幸な目に合わせたりする

    Reply
  • 何か本スレのレスが論点ズレまくってて怖いわ。親の同意なしにやってるから
    事件化してるんだろうに。馬鹿は恐ろしい。

    Reply
  • そもそもアメリカの脳死判定が、マジでヤバイ
    脳梗塞で脳死判定されたアメリカ赴任中の日本人を、疑問に思った家族が日本の病院へ搬送
    →見事に回復、リハビリ後は後遺症もほとんど無くなった=つまり脳死じゃなかったなんて話も、複数ある
    たぶんアメの病院は、庶民レベルならコストかけて治さず、さっさと臓器とっちまえって発想が根本にある

    Reply
  • ※1 アメリカは皆保険制度ないから
    正義も愛も人道も、先立つものがなければなんの役にも立たない

    Reply
  • 前も医師の脳死判定に疑問をもった父親が待ったをかけて
    息子の意識が回復した事件あったよな

    Reply
  • 安楽死には親の同意が必要だし、子供の担当医も了承する必要がある
    地域によってはもっと大勢の人から承諾を得ないと安楽死は許可されない
    麻酔医が独断で決めるのは不可能なので、この件が殺人なのは明らか

    Reply
  • 【海外の反応】ロコロコニュース

    スポンサードリンク