20151224_3-800x445

国が地域ブランドとして海外への輸出拡大を決定したある食材が海外では否定の嵐?!一体なぜ日本の食材クオリティーは海外に通用しないの?

20151224_3-800x445

国が地域のブランドとして保護する地理的表示の第一弾として、農水省は22日、「夕張メロン」、「神戸ビーフ」をはじめとる様々な高級食材の登録を認める。

・海外ではあまり浸透していない食材だけど成功するの?

 

・夕張メロンは無理だろうな!そもそも夕張はゴーストタウンだろ?

 

・神戸ビーフ食べたことあるけど、そんなに感動しないな。。今回は期待はずれかな!

 

・代わりにCoCo壱番屋カレーがいいよ!!

 

・てことは商人が今後海外でこの夕張メロンを売っていくだろうけど、海外にはすでに美味しいメロンがたくさんあるからね!1000円以上もするなんて馬鹿げてるよ!

 

・まずはじめに海外に食材を持っていく際の法律をクリアできるかな?

 

・夕張は高すぎるよ!もっと安くて美味しいメロン知ってるし!

 

・神戸は日本の中でも最も大きな待ちの一つだけど、一度も神戸を訪れた時に牧場や牛を見かけてないぞ?

 

・なぜなら神戸は神戸産じゃないからさ!ただのネーミングだよ!だから、この輸出拡大がどうなるか非常に楽しみだよw

 

・イタリア人として意見を言うと、海外の市場にあるイタリアの食材の多くはいつも偽物で俺たちはそれに騙されているんだ。日本は常に食材のクオリティーで勝負してると思うけど、似たような食材を誰かが同じやつだと言ったら問題だよ!

 

 

海外市場にはすでに世界中の食材が出回っているから今回の神戸牛、夕張メロンがどこまで通用するか気になるね!

の関連記事

コメントを残す



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)