ニュース内容

 

2017年の台湾ランタン祭りはなかなか順調とは言えない状況だ。
今年の開催地である中部・雲林県の会場では、12日午後4時、テスト送電した際に火災が発生。
続いて同日夜7時過ぎには観覧客が乗ったステージが崩れる事故があった。幸い2件の事故でけが人は出ていない。雲林政府は現場の安全を強化するとともに、観客へマナーを守るよう呼びかけた。

火災の原因は乾燥と漏電によるもので、現場スタッフや居合わせた観客によって火は2分間で消し止められた。
今回送電火災によって燃えてしまった作品「祥龍獻瑞」は国運の隆盛と泰平の祈りを込めて制作されたもので、大学生以上の部の最優秀賞を受賞している。

 

夜に発生したステージ崩落の事故について、政府はステージの構造上の問題ではないことを明示した。事故発生時10人以上の観客が展示用のステージに上りランタンの隣で写真撮影を行っていた。しかし、ステージはランタンの展示用に積載重量は最大80kgという前提で組まれたものである。
事故は観客のマナー違反によるものであり、厳重に注意を呼びかけた。

 

 

 

台湾の反応

 

・年を越したかと思えばH5N6(鳥インフルエンザ)がまた流行して、願いをかけたランタンまで燃えてしまった。ふさわしくない人が総統になって、天にも見放されてしまったのか、悲しい。

 

 

・↑蔡総統が嫌なら中国に行けばいいだろ。でも中国は共産主義だということを忘れないようにね。こんなこと呟いた日には抹殺されるよ。

 

 

国運が大凶か、まあ間違ってないかもな

 

 

・大凶を引いた感じね。

 

 

・今年のランタン祭りはなんでこんなに災難が続くんだ?

 

 

・電気系統に必ず問題があるはずだ

 

 

「道徳」この二文字が本当に重要だ

 

 

・台湾人の性質がだんだん「ある国」と同化してきてる。他の会場でも触ったり座ったりゴミをポイ捨てしたり…何てことだ!

 

 

不吉・・・

 

 

・道理で私が今年大凶引いたわけだ

 

 

・そもそも水準が足りてないでしょ

 

 

・台湾の民意が下がってきてる

 

 

・魔法みたいだな

 

 

・やんなきゃいいのに

 

 

龍は天に昇っていったんだ、あの場所には留まれなかっただけだよ

 

 

・今が大凶なら3年後も変わらず大凶だろ。だから何が起きようと驚かないことだ。

 

 

・実際みんな芸術なんてわからないでしょ。この火災がランタン祭りの盛り上がり最高潮だ。

 

 

・台湾人のモラルはずっと変わらないよ。今回の事故も想定内

 

 

・とても見てられないわ

 

 

・災いが続くのは政権が不適切だという暗示よ。

 

引用:http://www.ettoday.net/news/20170213/865495.htm?from=fb_et_news

   https://udn.com/news/story/2/2280626

 

毎年開催地が変わる台湾のランタン祭り、夜に輝くランタンを一目見るため日本から行く方も少なくないのでは?
日本では神宮外苑での悲しい事故が記憶に新しいだけに、けが人がでなかったのは本当に不幸中の幸いね。
この記事が面白ければ
シェアをお願いします!

コメントを残す



2コメント

  • 逆に厄払いだと思えば前向き?かな・・・

    違うか・・・

    Reply
  • あの短いコメントに何かがあると良いのだがねぇ。

    Reply
  • スポンサードリンク